運営者情報

MENU

登場人物

当サイト(ファクタリング徹底解剖)を運営している2人をご紹介します!

 

東堂直樹(とうどうなおき・男)

東堂直樹

美南方(みなかた)会計事務所に勤務する公認会計士。28歳。独身。彼女なし。後輩あり。
大学時代から経済学を専攻し、会計学のゼミに入るなど、積極的に将来を見据えていた。
しっかりとしている、という印象を持たれるが、過去に4回の交通事故を潜り抜けた「悪運」の持ち主である(この事実は一部で語り継がれている)。

 

仕事や勉強はできるが、日常は抜けているという良い例。料理ができないのに単身生活をするとなった時、母親はとても心配したという。しかし、ご飯の炊き方を覚え、近所のお惣菜屋さんと仲良くなったということで、何とか食生活は保たれている。酒は飲むがタバコはやらない。

 

趣味はシミュレーションゲーム。仕事柄か同世代の友人・仲間が少ないため、ソロ活動が多い。
上司である美南方正樹(みなかたまさき・56歳)からは、息子のように可愛がられている。と言っても、仕事上では厳しい人であり、東堂もそれを承知している。お互いに仕事の愚痴で酒を交わす。美南方は子供のいない愛妻家なので、家呑みに誘われてはお邪魔している(これで食生活も豪華になっている・・・いや、助けられている)。

 

ファクタリングに限らず、「お金に困った」という庶民の良きアドバイザーでありたいと願う。一方で、企業を相手に億単位の金を動かす責任にもやりがいを感じている。経済にも世相にも通じているので、企業からの信頼も厚い。

 

「日常は抜けている」ために恋愛には疎く、杏の存在は妹のように感じている。また、恋愛をする気もない・・・らしい。今は経験を積む!これが東堂の合言葉。

 

西野杏(にしのあんず・女)

西野杏

東堂を「先輩」と慕うフリーライター(Web系クリエイター)。26歳。独身。彼氏なし。先輩あり。
大学時代のサークルで東堂と出会う。サークルは「オカルト解明研究会」。東堂も杏も互いの友人に誘われただけの幽霊部員で、飲み会で唯一普通の会話ができるために(幽霊部員ゆえに)個人的に付き合っている(この場合の付き合いは「友人」である)。
ちなみに、杏が専攻していたのは英文学。ピート・ハミルが愛読書。

 

東堂ほど知的ではないが、頑張り屋さんで、どんなジャンルの仕事にも果敢に挑んでいる。意外と「ヲタク」な面を持っており、乙女ゲームやシチュエーションCDに詳しい。
本人は「シナリオや流行の勉強です!」と言っているが、完全に趣味の世界である。白馬の王子様を追いかけている性格なので、ある意味まともに恋愛できない。可愛いのにもったいないことである。

 

ファクタリングにお世話になる年収ではないが、「月末締めの翌々月末払い」の報酬体系に泣かされている一人である。(年収想定250万円・・・でも、単身で頑張っている。平均的な家庭科レベル)

お問い合わせフォーム