もし取引先が倒産したら売掛金の支払いはどうなる?

MENU

もし取引先が倒産したら売掛金の支払いはどうなる?

ファクタリングでの心配事として、取引先から売掛金が回収できなかった場合というのはあるのではないでしょうか?

 

すべての企業、業種、事業者が経営が案対しているとは限りません。中小企業であれば特に、売掛金の支払いや回収については悩みの種になっています。取引先からの売掛金支払いがなかった場合です。

 

売掛金支払いがなかった場合

 

  1. 事業主から取引先に商品の提供
  2. ファクタリング会社から売掛金の支払い
  3. 売掛金の支払いがないことによって
  4. 事業主からファクタリングに支払う回収した売掛金がありません

 

どう考えてもこの図式は成り立ちようがありません。このようになってしまった場合、ファクタリング会社は損を請け負うことになるのでしょうか?
それとも事業主が「取引先が支払えない売掛金」をファクタリング会社に支払うことになるのでしょうか?

 

取引先から売掛金が支払われない事態とは

中小企業、個人事業主などは特に、毎月の資金繰りに細かな調整を行っています。事業主に対して売掛金が支払われない事態にはさまざまな事情が考えられます。「払え」というだけでは解決できない問題もあるはずです。

 

状況1:取引先の倒産

商品の提供後に取引先が倒産すると売掛金の支払いができない。

 

取引先の倒産

 

状況2:取引先の取引先が倒産

事業主が取引先に商品の提供を行い、その商品をさらに取引先に提供していた場合、2つ目の取引先が倒産することによってBの売掛金が支払われず、その売掛金で支払いをする予定だった取引先のCの売掛金も支払われない。

 

取引先の取引先が倒産

 

状況3:取引先の資金不足

取引先の資金が不足したことによる売掛金支払いの遅延

 

取引先の資金不足

 

さまざまな状況が考えられます。
確実ではない、それが売掛金の回収には不安要素として加わるものです。

 

もし売掛金が支払われなかったら・・・

取引先からの売掛金が支払われなかった場合、ファクタリング会社に対して売掛金が支払えなくなります。その場合不安要素がひとつ出てきます。

 

 

返済方法が口座引き落としとなり、対応している銀行口座がこちらに限られます。


 

ここでひとつ覚えておかなくてはならない用語があります。

 

償還請求権

取引先、つまり売掛先が倒産した場合に、ファクタリング会社が事業主に対して「支払った売掛金を請求する」権利です。ところが償還請求権がある場合とない場合があります。これはファクタリング会社のシステムによる違いです。

 

償還請求権なし
ノンリコース

取引先(売掛先)が倒産しても譲渡代金請求なし

償還請求権あり
ウィズリコース

取引先(売掛先)が倒産すれば事業主に支払い義務が発生する

 

全てにおいて償還請求権なしがよい、というわけでもありません。もちろん償還請求権がなければ売掛金の未回収というリスクをファクタリング会社が伴うため、その分の費用が高くなります。

 

ただし、万が一を考慮して償還請求権なしのコースは負債を抱える事態を免れるため第一に検討しなくてはならないポイントになるでしょう。

良くある質問