ファクタリングを利用することで取引先への影響は?

MENU

ファクタリング:取引先

「ファクタリングを利用したいが、取引先に迷惑がかかるのではないか」

 

「ファクタリングを利用した事実が、今後の取引に影響を与えないか」

 

このように考える経営者も多いのではないでしょうか。
ファクタリングを利用することで、取引先にはどのような影響を与えるのでしょうか。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

 

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があります。

 

2社間ファクタリングの場合、利用者とファクタリング会社が直接取引を行います。取引先(売掛先)に通知がいくようなこともありませんので、まずその事実がばれることはありません。ファクタリングを利用したとしても、今後の取引に影響を与えることはないでしょう。

 

一方3社間ファクタリングでは、利用者とファクタリング会社、取引先(売掛先)の3社がファクタリングに関わる取引となります。

 

当然3社間ファクタリングでは、取引先(売掛先)の同意が必要となり、取引先(売掛先)に対して通知も行われます。

 

3社間ファクタリングでは注意が必要か

3社間ファクタリングでは、利用者がファクタリング会社に申込を行うと、ファクタリング会社は取引先(売掛先)の信用調査を行います。

 

その後、ファクタリング会社は取引先(売掛先)に連絡を行い、売掛債権がファクタリング会社に譲渡されることを説明し、利用者からも取引先(売掛先)に連絡を行いファクタリング取引の了承を得ることになります。

 

この段階で、ファクタリングの利用が取引先に知られてしまいますが、3社間ファクタリングでは売掛先の同意がなければ契約は行われません。

 

自社の債権を売却すると知ったことで、で気分を悪くする経営者もおられるでしょう。またファクタリングの利用により書類確認や振込先の変更など、取引先にも手間をかけることも考慮する必要があります。

 

勝手に信用調査を行われたことで腹を立ててしまうかもしれません。資金繰りに困窮しているのではないかと疑いをかけられるかもしれません。この結果、今後の取引にも悪影響を与える可能性も考慮しておく必要があるでしょう。

 

3社間ファクタリングでは、手数料が低いなどのメリットもありますが、このように取引先との関係を考慮して、2社間ファクタリングを選択される方も多くおられます。

 

一方建設業界などファクタリングが幅広く普及されている業界では、手形決済よりも安全性が高いとされる3社間ファクタリングが日常的に行われています。取引先に同意をあらかじめ得ることができれば、手数料が低い3社間ファクタリングは魅力といえるでしょう。