トップ・マネジメント

MENU

トップ・マネジメントにまずは無料相談

最短即日で事業資金が調達できるファクタリングではあるものの、スムーズな手続きがあってこそのスピードです。用意しなければならな書類はすべてそろえておきましょう。

 

 

トップ・マネジメント利用の流れ

ファクタリング無料相談

電話、FAX、申し込みフォームから無料の相談を受けています。

 

審査開始

売掛先企業の信用調査を行います。

 

面談

この時までに必要書類をすべてそろえておきましょう。簡単なヒアリングによる面談があります。

 

契約

法人印鑑証明と会社実印が契約には必要です。

 

支払い実行

指定口座に振り込みによって資金が支払われます。

 

必要書類とは?

急ぎであればあるほど、用意しなければならない書類に不備があっては時間がかかってしまいます。必要書類をすべてそろえましょう。

 

  1. 決算書、試算表
  2. 過去・直近の取引
  3. 入金が確認出来る書類
  4. 取引先との基本契約書 (無い場合はご相談下さい)
  5. 成因資料 (発注書・納品書・請求書)

 

取引量を増加させる資金の余裕

銀行融資を待っていると逃してしまうチャンスがあります。多くの経営者が経験があるものです。売掛金をもとにファクタリングをすると資金調達が柔軟になりチャンスを逃さずに済むことはわかります。

 

実は「融資」よりも資金調達に優れているとしてファクタリングは経済産業省からも推されているもの。借りて利息をつけて返す融資なのか。それとももともと入金の予定がある売る掛け金を先に使用することが良いのか。柔軟な対応でなければ生き残れない時代になっているのかもしれません。

 

取引先に知られないこと=信用を保つこと

ファクタリングで事業資金調達を考えるとき、取引先に知られることで信用を崩しかねない、従業員に知られることで不安を与えかねないと経営者であれば考えるのは当然のことです。確かにファクタリングでは売掛先である取引先の信用が調査の対象になります。申し込み者の債務情報、さらには決算が赤字であるかどうかを大きく問うものではありません。

 

取引先にも従業員にもファクタリング会社から通知されることはありません。経済産業省の中小企業庁でも企業や個人事業主の資金調達方法としてファクタリングを推奨しています。

 

ファクタリング会社一覧