ファクタリングには4つの種類がある

MENU

ファクタリング:種類

ファクタリングにもいくつかの種類があります。大きく分けると、以下の4種類となります。基本的には業種によって形態が異なり、ファクタリング会社により取扱種類も異なりますので、事前に確認しておきましょう。

 

一括ファクタリング

売上として企業が保有する売掛債権をファクタリング会社が買い取り、その代金分を企業へ支支払うサービスで、基本的なファクタリングサービスです。

 

手形発行事務の軽減や印紙代の節減など手形発行における経費削減が見込めるサービスとして、手形決済に代わる新しい決済手段として、大手企業などに注目されています。

 

基本的には「売掛債権」を保有する企業が対象となります。

保証ファクタリング

もともとは、国土交通省が創設した「下請債権保全支援事業」の基づき、取引先(元請企業)からの支払をファクタリング会社が保証するサービスとして開始されました。

 

売掛債権や手形を、与信判断・信用調査を行ったうえでファクタリング会社が買い取って、その債権の回収を行います。債務者が支払不能となった場合には、ファクタリング会社が売掛債権の範囲内で債権会社に代金を支払います。

 

利用者側にとっては、取引先の倒産などにより売掛金や手形などに売上債権が回収不能となるリスクを回避することができます。手数料を支払う代わりに、債権回収を確実なものにできるという内容で、回収保証、損害補てんという意味合いが強いサービスで、建設業者が主に利用対象となります。

医療ファクタリング(診療報酬債権ファクタリング)

医療機関の社会保険診療報酬支払基金や、国民健康保険団体連合会(国保連)への診療報酬(レセプト)をファクタリング会社が買い取り、早期に資金化するサービスです。

 

病院・クリニック・調剤薬局・介護事業者など、医療業界・介護業界にかなり浸透しており、利用が拡大しています。

国際ファクタリング

海外の販売先と輸出取引における売掛金回収を確実に行うためのサービスです。海外の企業と貿易、輸出取引を行う場合、通常は「信用状(Letter of Credit)」という銀行が発行する支払確約書を利用することになります。

 

しかしこの信用状を開設するには手続きが複雑で、かなりの手間と時間が必要となります。

 

そこで信用状を利用せずに、世界各国の金融機関の協力を得て、輸出債権をファクタリング会社が買取り、海外の売掛金を支払保証することで、輸出取引を安心、確実に行うことができるように考案されたサービスです。