ファクタリングの審査で重要なポイントとは

MENU

ファクタリングにも審査がある

ファクタリングの審査はどのようにして行われるのでしょうか?
融資と同様に考えているのであればそれは違います。

 

銀行などで融資を申し込むとき、その審査は中小企業の経営状況やこれまでの債務情報が元になります。
しかしファクタリングは事業主だけが審査の対象となるのではありません。

 

融資ではない、そして融資以上に確実性が高い手段としてファクタリングがあります。
しかしファクタリングにも審査があります。

 

貸して返す、それが融資です。
ファクタリングとは売掛債権の売買になります。
それでもファクタリング会社は支払った売掛金を回収しなくてはなりません。
当然のことながらリスクがあります。

 

ファクタリングのリスク

 

売掛金の支払いがなければ、回収した売掛金の支払いもありません。
つまり、資金の支払いの分、ファクタリング会社にはリスクがあることになります。

 

ファクタリング会社の審査で重要視すること

最も重視するのは取引先の信用度です。
いかに事業主、中小企業が信頼おける状況に合ったとしても、売掛金の支払いは取引先が行います。
そのため、取引先が売掛金の支払いをできるかどうかが最も大切な項目になります。

 

取引先の状況

取引先が売掛金の支払いができるかどうか、もしくは行うかどうか。
そのためにいくつかのポイントがあります。

 

  • 取引先の信用情報
  • 取引先との付き合いの長さ
  • 取引先が個人ではない

 

取引先とこれまで実際の取引履歴が長ければ、その信頼性がよく見えてきます。
また取引先が個人事業主であればファクタリングはできないことも覚えておきましょう。
対象となる取引先は中小企業以上でなくてはなりません。

 

事業主の状況

もちろん事業主、中小企業も審査の対象になります。

 

  • 資金繰りが頻繁に困窮するわけではない
  • 急成長をしている
  • 企業の財務状況を事業主が把握している
  • 個人事業主ではない

 

個人事業主はファクタリングを利用することができません。
また倒産の危険性があるほどの売り上げ状況であれば審査には良い影響を及ぼすものではありません。
なぜならファクタリングの利用手数料が逆に悪影響になる場合もあるからです。

 

そのほか
  • 信用がおける対応
  • 売掛金以外でも資金流用の予定がある
  • 売掛金支払いまでの期日が短い

 

単純なことと思われるかもしれませんが、中小企業事業主の対応は重要なことです。
例えば面談の時間を厳守する、申告内容に嘘がないなども大切です。
また売掛金の支払いまでの期日が短ければそれだけふぁ蔵リング会社が負うリスクも少ないため審査には好条件となります。

 

売掛先の信用度

ファクタリングを利用する場合、必ず審査に合格する必要があります。ただし金融機関の融資とは異なり、審査の主なポイントは売掛先の信用度です。

 

もちろん申込企業の内容が全く影響を与えないとはいえませんが、内容が悪くてもファクタリングの審査に合格できる可能性もあります。

 

取扱会社により審査基準も異なりますが、大きなポイントは「売掛先の信用度」と覚えておけば、ファクタリングの審査にも合格できる可能性も高いといえるでしょう。

 

売掛先の信用度

ではファクタリングの審査における「売掛先の信用度」はどのようなものがあるのでしょうか。主に考慮される点は以下の通りです。

 

  • 帝国データバンクや東京商工リサーチなどの信用情報の点数
  • 法人信用情報
  • ファクタリング利用会社(申込会社)と売掛先の取引期間の長さ
  • 利益額・利益率・フリーキャッシュフロー
  • 借入件数
  • 借入の返済履歴
  • 自己資本比率

 

これらの項目を総合的に判断し「売掛債権の入金を確実に履行されるかどうか」が、ファクタリングの審査の大きなポイントとなります。

 

申込者の項目

もちろん売掛先の信用度だけで審査の可否が判断されるものではありません。申込会社の内容も多少なりとも影響を与えます。

 

以下に審査に有利な項目、審査には不利だが致命的ではない項目、審査において致命的な項目を挙げてみました。

 

審査に有利な項目
  • 資金繰りが特段問題ない
  • 売掛先との信用力が高い
  • 売掛先との取引履歴が長い
  • 入金サイトが短い
  • 申込から入金までの期間が短い
  • 急成長している企業、業種である
  • 利益率がファクタリング手数料よりも高い
  • 売掛金以外での資金確保予定がある(融資、出資、上場など)
  • 経営者の素養に問題がない(誠実である、面談時間を守る、事業内容、財務内容を把握している、など)
  • 利用目的が一時的なものである(季節的要因など)
  • ファクタリングの利用金額に妥当性がある
  • 利用により資金繰りが好転する

 

審査には不利だが致命的ではない項目
  • 支払いサイトが45日を超えている
  • 調達希望額が月商の5割以上である
  • 税金などの租税公課が滞納中
  • 債務超過
  • 売上が右肩下がりで減少している
  • ファクタリングの利用手数料が資金繰りに悪影響を与える
  • 譲渡禁止条項の売掛債権がある

 

審査において致命的、絶対に利用できない項目
  • 反社会的勢力、性風俗業界
  • 掛金が無い
  • 売掛金が不良債権化している
  • 売掛金に既に譲渡登記が行われている
  • 個人事業主・売掛先が個人

 

ファクタリングは「法人⇔法人」の取引となります。そのため個人事業主や売掛先が個人の場合には利用できません。

 

  • 面談ができない
  • 虚偽の内容が発覚する

 

ファクタリングの審査基準取扱会社により異なります。ただしBに該当する先は、まずファクタリングの審査に合格できません。

 

逆に一般の融資審査とは異なり、以下のような先でもファクタリングの審査に合格できる可能性もあります。
  • 保証人や担保不動産が無い
  • 債務超過
  • 赤字決算
審査・契約