ファクタリングのメリットとデメリットを比較

MENU

ファクタリング:メリット

近年注目されている資金調達手段の「ファクタリング」。
しかし金融サービスには必ずメリットとデメリットがあります。

 

自社の状況などをよく把握し、メリットとデメリットを比較して利用を検討しましょう。
ここでは主に金融機関融資と比較したファクタリングのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

ファクタリングのメリット

 

早期資金調達可能

取扱金融機関により異なりますが、ファクタリングの審査スピードは通常の融資と比較しても早く、早急な資金調達が可能です。

 

早い先で最短で1日で審査結果回答が行われ、申込を行ったその日に売掛金を資金化することも可能です。

 

大口の資金調達も可能

ファクタリングの利用可能金額は、基本的に売掛債権の金額が上限です。
逆にいえば売掛債権が高額な場合、状況次第では高額の資金調達も可能です。

 

取引先に知られないで売掛金を資金化できる

「2社間ファクタリング」では、売掛先は取引に関与しません。
通知なども行われませんので、取引先に知られることもなく売掛債権を資金化できます。

 

キャッシュフローが改善

売掛回収期間前に資金化することができるのが、ファクタリングの一番の特徴です。
そのため企業のキャッシュフローを大幅に改善することが可能です。

 

バランスシートのスリム化

ファクタリングは融資とは異なり、負債には計上されません。
現金、預金の増加がバランスシート上に計上され、負債額が増加することはありません。
そのためバランスシートは見た目においてもスリム化を図ることができます。

 

取引先が倒産しても、支払義務が発生しない

現在のファクタリングでは基本的に「償還請求権」がない契約が主流となっています。
そのため取引先(売掛先)が倒産しても支払義務はなく、リスクを回避することができます。

 

ビジネスローンと審査基準が異なる

ファクタリングの審査で大きなポイントとなるのは、取引先(売掛先)の内容です。
自社企業の内容をはそれほど影響しない金融機関が多く、赤字企業や債務超過先でも利用できる可能性があります。

 

また金融機関の融資が不合格となった場合でも、ファクタリングの審査に合格できる可能性もあります。通常、この逆はありえません。

 

ファクタリングのデメリット

 

売掛金が無ければ利用できない

当然ですが売掛債権が無い場合には、ファクタリングは利用できません。

 

売掛債権金額の範囲内しか利用できない

ファクタリングの利用可能金額は「売掛債権金額」の範囲内です。
そのため基本的には「月収以上」の調達はできません。

 

手数料が高い

ファクタリングでは、利用コスト(手数料)が設定されています。状況にもよりますが、一般的にはファクタリングの利用手数料は、金融機関融資の金利負担よりも高くなります。

 

返済を分割で行うことはできない

ファクタリングにはそもそも「返済」という概念がありません。
返済ではなく、あくまで「既に譲渡した売掛金の支払」となります。
そのため最終のファクタリング会社への支払を分割で行うことはできません。