不安になる?ファクタリング会社の面談とは

MENU

不安になる?ファクタリング会社の面談とは

ファクタリング会社に必要書類を提出し本審査が終わると、最後は面談があります。つまり審査は3段階あることになります。

 

面談までの流れ

 

面談とはその名のとおり、「ファクタリング会社との対面対話」です。どのような内容になるのか、実際に対面をするからこそ不安が大きくなるでしょう。
現在のインターネット主流社会において、融資でも対面することも少なくなった中、それでもファクタリングは「未入金の売掛債権を売買する」という特殊な性質上、その審査はことさら慎重になります。

 

書類との符合

一次審査ではヒヤリングにより状況の説明をしました。二次審査では必要書類を提出してその裏づけとなる信用調査が行われました。これらが信頼できる内容かどうか、それをさらに調査するのが面談の役割でもあります。

 

つまり、ヒヤリングの結果や提出書類の内容に答えられなくてはなりません。それには2つの理由があります。

 

  1. 虚偽の申告の可能性
  2. 経営者の把握力

 

大きな金額を扱うファクタリングでは、「差し迫った状況にある中小企業」が危険な行為を行う可能性がないとはいえません。嘘の申告、つまり詐欺です。
ファクタリング会社は、大きなリスクを伴う資金提供はしません。リスクに応じて掛け目の率が変わってきますが、査証が疑われるような事案には手をつけることはない、ということです。

 

また、中小企業経営者が、どれほどこの危機に関して、もしくは経営状況を把握しているのかも重要です。現在の状況、売掛先との信頼関係など十分に理解した状態であることも確認しています。

 

経営者の人柄

売買とはいっても通常の買い物とは大きく性質が異なります。例えば銀行融資担当者も、面談は現在でも特に重視している項目です。「目を見ればわかる」それだけではありませんが、やはり対面でしかわからない印象はあります。

 

  1. 時間厳守
  2. 話し言葉

 

新社会人ではありませんが、最低限のルールです。実は中小企業の経営者では少ないことではないのが「横柄な話し言葉」です。売掛先から信頼を得ている人物なのかどうか、判断ができるでしょう。

良くある質問