ファクタリングで刑事告訴?やってはいけないこと

MENU

ファクタリングで刑事告訴?

融資をするわけではない、売掛債権を売買するのがファクタリングです。信用を取り扱うファクタリングです。やってはならないことがあります。

 

売掛金の未払い

やってはならないことの一つに、売掛金を支払わない行為があります。

 

売掛金を支払わない

 

この図式があって初めてファクタリングが完成することを覚えておかなくてはなりません。売掛金の支払いがあることを前提として入念な審査のうえでファクタリング会社は中小企業に対し資金調達をします。実際に取引先から売掛金の支払いを受けたら、その金額はそのままファクタリング会社に支払いをしなくてはなりません。

 

もし回収した売掛金を支払わなかった場合どうなるのでしょうか?

 

3社間ファクタリングであれば、ファクタリング会社は直接取引先から売掛金を回収します。しかし、2社間ファクタリングの場合「契約者である中小企業を信頼」して行われる売掛金の支払い方法です。

 

回収した売掛金を支払わなければ、刑事告訴の可能性が出てきます。当然売掛先への調査も入るでしょう。「借りているのではなく売買の仲介になっている状態」であることを肝に銘じておかなくてはなりません。

 

中小企業が刑事告訴ともなればその情報は瞬く間に広まり、取引先からの信頼は地に落ちるでしょう。

 

架空売掛金

もはや詐欺として告訴される可能性が高いのは、取引先との共謀です。架空の売掛金だけではなく、取引履歴や基本契約の内容まで作り出してしまうと立派な犯罪です。

 

現在のファクタリングがうまくいかないだけではなく、詐欺を働いた業者として二度と信頼ある取引をしてくれるところは出てこなくなるでしょう。切羽詰っていても誠実な取引に終始しなくてはなりません。

注意点