ファクタリング東京

MENU

個人事業主でも利用可能!2社間取引にも対応

売掛金の入金サイトは30日から60日が多くなっています。月末締めであったり、翌々月末支払いになるでしょう。どうしても急な資金調達が必要になったとき、不安要素の一つとして「取引先へ知られること」があります。

 

通常ファクタリングでは3社間取引となっていますが、2社間取引もあります。2社間取引では取引先企業への連絡のやり取りがないために信用を損なう恐れがありません。なおかつ売掛金の早期支払いができるためスムーズな流れが出来上がります。

 

2社間取引が望ましいのか、それとも3社間取引がよいのか。事前に確認しなくてはなりません。

 

ファクタリング東京の公式サイトはコチラ

 

赤字決算でも高額買取の可能性がある

少額のファクタリングから高額のファクタリングまで幅広く対応しているのがファクタリング東京です。大きな特徴は3つ。

 

  • 最短即日買い取り可能
  • 赤字決算でも独自審査で可能性あり
  • 最大1億円の高額買取可能

 

会社の規模にかかわらず「資金繰り」や「急な支出」は経営者にとって大きな悩みの種です。売掛債権はあるのに手元に現金が用意できない、経営者なら経験があるでしょう。

 

銀行や金融機関にも融資を断られ、その理由は決算赤字であろうと考えても今の状況を打破しなければならない状況にまで追い込まれてしまう。何とかしたい。ファクタリング東京では高額案件でも最短即日買い取りをしています。
※ファクタリング東京では2社間取引にも対応しています。

 

ファクタリング東京利用の流れ

申し込み

24時間対応の無料相談をメールで行います。電話でも対応をしていますが対応時間は平日の9時30分〜19時までとなっています。

 

審査期間

ファクタリング東京独自の素早い審査が行われます。この際にファクタリング東京が売掛先企業の調査を行います。売掛企業の信用調査によって発生する手数料、留保金に大きく影響をします。

 

調達実行

契約が完了すると、指定の口座に調達資金が振り込まれます。来店は不要です。

 

 

こちらは2社間ファクタリング利用の流れです。3社間ファクタリングの場合には若干流れが違ってきます。ファクタリング東京利用の大半が2社間ファクタリングです。


 

個人法人、どちらでも利用ができる!

ファクタリング東京は法人だけに限らず個人事業主でも利用ができます。申し込み者制限が幅広い対応をしているため企業の形式にとらわれることはありません。また最短即日というのは魅力的ではありますが、スムーズな手続きが必要です。事前準備を行い、相談時には必要な書類をすべて用意ができるのかも確認しましょう。

 

ファクタリング東京の公式サイトはコチラ